カプセルコーヒーメーカーの魅力とは…?

ネスプレッソしかり、ドルチェグストしかりカプセルメーカーは最高すぎます。

もはやこれらはコーヒー中毒を進める神器といっても過言ではないでしょう。

実際私の友人も、カプセルコーヒーメーカーを通じてコーヒージャンキーへと変貌を遂げました。

一体カプセルコーヒーメーカーのどこにそんな魅力があるのでしょうか。

今回はカプセルコーヒーメーカーの魅力に迫ります。

カプセルコーヒーメーカーの魅力

手軽

誰でも想像つきそうなところからせめて行きましょう。

カプセルコーヒーメーカーはとにかく手軽です。

その手軽さはインスタントコーヒーをはるかに凌ぎます。

インスタントコーヒーを入れるステップは、1.お湯を沸かし、2.粉を軽量して、3.粉をお湯で溶かす

という感じです。

意外とお湯を沸かすのって面倒ですよね。

ウォーターサーバーをお持ちの家庭は、すぐにお湯が用意できますが、持っていない家庭の方が多いでしょう。

私の家にもウォーターサーバーはありません。

一方で、カプセルコーヒーならあら不思議。

1.水をタンクに入れる、2.カプセルをセット、3.ボタンを押す

たったのこれだけです。

このステップを見るだけでもインスタントコーヒーより手軽なのは明らかです。

もちろん洗い物もほとんどありません。

使い終わったカプセルを捨てて、汚れてきたら水洗いするだけ。

これ以上にない手軽さです。

美味しい

しかもカプセルコーヒーはめちゃくちゃ美味しいです。

もはや、ハンドドリップで淹れたコーヒーより美味しいでしょう。

ハンドドリップのコーヒーの方が美味しいなんて人がいますがそう思い込みたいだけです。

そう思わないとわざわざ手間暇かけて作ったコーヒーの存在意義がなくなってしまいますから。

家庭料理よりもセブンイレブンのご飯の方が美味しいのと一緒です。

それでも多くの人は家庭料理を評価するでしょう。

本当の美味しさは手間にあるというわけではないのに。

というわけで、カプセルコーヒーは倫理感をなくせば美味しいことは確かです。

カフェチェーンのコーヒーなんて目じゃありません。

以上がカプセルコーヒーメーカーの魅力です。

美味しくてとても手軽。

たったのこれだけ?と思う人がいるかもしれません。

しかし、コーヒーにおいて、手軽で美味しければ何も文句はないでしょう。

これ以上にない、コーヒーライフをカプセルコーヒーメーカーがもたらしてくれます。

ちなみにカプセルコーヒーメーカーには当然デメリットもございます。

そのデメリットは次回お伝え致しましょう。