カプセルコーヒーメーカーの魅力とは…?

ネスプレッソしかり、ドルチェグストしかりカプセルメーカーは最高すぎます。

もはやこれらはコーヒー中毒を進める神器といっても過言ではないでしょう。

実際私の友人も、カプセルコーヒーメーカーを通じてコーヒージャンキーへと変貌を遂げました。

一体カプセルコーヒーメーカーのどこにそんな魅力があるのでしょうか。

今回はカプセルコーヒーメーカーの魅力に迫ります。

カプセルコーヒーメーカーの魅力

手軽

誰でも想像つきそうなところからせめて行きましょう。

カプセルコーヒーメーカーはとにかく手軽です。

その手軽さはインスタントコーヒーをはるかに凌ぎます。

インスタントコーヒーを入れるステップは、1.お湯を沸かし、2.粉を軽量して、3.粉をお湯で溶かす

という感じです。

意外とお湯を沸かすのって面倒ですよね。

ウォーターサーバーをお持ちの家庭は、すぐにお湯が用意できますが、持っていない家庭の方が多いでしょう。

私の家にもウォーターサーバーはありません。

一方で、カプセルコーヒーならあら不思議。

1.水をタンクに入れる、2.カプセルをセット、3.ボタンを押す

たったのこれだけです。

このステップを見るだけでもインスタントコーヒーより手軽なのは明らかです。

もちろん洗い物もほとんどありません。

使い終わったカプセルを捨てて、汚れてきたら水洗いするだけ。

これ以上にない手軽さです。

美味しい

しかもカプセルコーヒーはめちゃくちゃ美味しいです。

もはや、ハンドドリップで淹れたコーヒーより美味しいでしょう。

ハンドドリップのコーヒーの方が美味しいなんて人がいますがそう思い込みたいだけです。

そう思わないとわざわざ手間暇かけて作ったコーヒーの存在意義がなくなってしまいますから。

家庭料理よりもセブンイレブンのご飯の方が美味しいのと一緒です。

それでも多くの人は家庭料理を評価するでしょう。

本当の美味しさは手間にあるというわけではないのに。

というわけで、カプセルコーヒーは倫理感をなくせば美味しいことは確かです。

カフェチェーンのコーヒーなんて目じゃありません。

以上がカプセルコーヒーメーカーの魅力です。

美味しくてとても手軽。

たったのこれだけ?と思う人がいるかもしれません。

しかし、コーヒーにおいて、手軽で美味しければ何も文句はないでしょう。

これ以上にない、コーヒーライフをカプセルコーヒーメーカーがもたらしてくれます。

ちなみにカプセルコーヒーメーカーには当然デメリットもございます。

そのデメリットは次回お伝え致しましょう。

カプセルコーヒーメーカー「ネスプレッソ」の魅力

カプセルコーヒーといったらドルチェグストもいいけど、ネスプレッソも捨てがたい。

今回はネスプレッソの魅力について迫りましょう。

ネスプレッソの魅力

エスプレッソの風味が素晴らしい

ネスプレッソで出来上がるエスプレッソはもはや熟練のバリスタが淹れたかのような風味です。

雑な言葉が許されるとしたらめちゃくちゃうまい!!

エスプレッソとビターのチョコレートがこれまた合います。

ビターチョコレートを熱々で濃縮されたエスプレッソで溶かし混ぜ合う。

まるでお口の中でカフェモカが出来上がる感じです。

こんな贅沢ができるのもネスプレッソだからこそ。

他のカプセルコーヒーでは真似できません。

とにかく風味重視ならネスプレッソ一択です。

ジョージクルーニーになれる

What Else?

ではありませんが、優雅にエスプレッソを味わうさまはまさにジョージクルーニー。

とまではいきませんが、ジョージクルーニーになりきれるのは間違いありません。

エスプレッソを飲むのってなんだかかっこいい。

このイメージはジョージクルーニーが作ったといっても過言ではないでしょう。

一番かっこいい飲み物。

ネスプレッソの他に何がある?

ネスプレッソのデメリット

ネスプレッソの魅力はとにかく美味しく、とにかくかっこいい。

あとのメリットは他のカプセルコーヒーと変わらず、手軽でお手入れ簡単といったところでしょう。

そういう意味でも味重視ならネスプレッソ一択です。

しかし、もちろんその代償は存在します。

以下ネスプレッソのデメリットです。

ランニングコストが高い

詳しく計算していませんが、ネスプレッソのランニングコストは高めです。

同じネスレ社のドルチェグストと比べてもその差は歴然でしょう。

これぞ美味しいものの代償です。

その味は安く味わうことはできません。

値段が高いのはネックです。

そこらへんに売ってない

会社の帰りにコンビニでカプセルで買って補充したいという人もいるでしょう。

しかし、残念ながらネスプレッソではそれができません。

ネスプレッソはそこらへんに売っていないからです。

ちなみにドルチェグストをそこらじゅうのコンビニで販売されています。

ではネスプレッソのカプセルはどこで手にいれるのか。

それは、ブティックと呼ばれる専門店か公式通販サイトで購入します。

公式通販サイトで購入している私からしたら、別に不便ではありませんが、それでもコンビニに売っていた方が気軽に買いやすいのは確かです。

それでも仕方ありません。

ネスプレッソはあくまでも高級路線で販売しているのですから。

そこらへんのコンビニに置くことでブランドイメージの低下を懸念しているのでしょう。

というわけで、リッチで贅沢な気分を味わいたい方はぜひ、カプセルコーヒーメーカーとしてネスプレッソを選びましょう。

What else??