カプセルコーヒーメーカーの魅力とは…?

ネスプレッソしかり、ドルチェグストしかりカプセルメーカーは最高すぎます。

もはやこれらはコーヒー中毒を進める神器といっても過言ではないでしょう。

実際私の友人も、カプセルコーヒーメーカーを通じてコーヒージャンキーへと変貌を遂げました。

一体カプセルコーヒーメーカーのどこにそんな魅力があるのでしょうか。

今回はカプセルコーヒーメーカーの魅力に迫ります。

カプセルコーヒーメーカーの魅力

手軽

誰でも想像つきそうなところからせめて行きましょう。

カプセルコーヒーメーカーはとにかく手軽です。

その手軽さはインスタントコーヒーをはるかに凌ぎます。

インスタントコーヒーを入れるステップは、1.お湯を沸かし、2.粉を軽量して、3.粉をお湯で溶かす

という感じです。

意外とお湯を沸かすのって面倒ですよね。

ウォーターサーバーをお持ちの家庭は、すぐにお湯が用意できますが、持っていない家庭の方が多いでしょう。

私の家にもウォーターサーバーはありません。

一方で、カプセルコーヒーならあら不思議。

1.水をタンクに入れる、2.カプセルをセット、3.ボタンを押す

たったのこれだけです。

このステップを見るだけでもインスタントコーヒーより手軽なのは明らかです。

もちろん洗い物もほとんどありません。

使い終わったカプセルを捨てて、汚れてきたら水洗いするだけ。

これ以上にない手軽さです。

美味しい

しかもカプセルコーヒーはめちゃくちゃ美味しいです。

もはや、ハンドドリップで淹れたコーヒーより美味しいでしょう。

ハンドドリップのコーヒーの方が美味しいなんて人がいますがそう思い込みたいだけです。

そう思わないとわざわざ手間暇かけて作ったコーヒーの存在意義がなくなってしまいますから。

家庭料理よりもセブンイレブンのご飯の方が美味しいのと一緒です。

それでも多くの人は家庭料理を評価するでしょう。

本当の美味しさは手間にあるというわけではないのに。

というわけで、カプセルコーヒーは倫理感をなくせば美味しいことは確かです。

カフェチェーンのコーヒーなんて目じゃありません。

以上がカプセルコーヒーメーカーの魅力です。

美味しくてとても手軽。

たったのこれだけ?と思う人がいるかもしれません。

しかし、コーヒーにおいて、手軽で美味しければ何も文句はないでしょう。

これ以上にない、コーヒーライフをカプセルコーヒーメーカーがもたらしてくれます。

ちなみにカプセルコーヒーメーカーには当然デメリットもございます。

そのデメリットは次回お伝え致しましょう。

カプセルコーヒーメーカーはやっぱりドルチェグスト

カプセルコーヒーメーカーにもいろいろあるじぇ〜

そこでワシは厳選なる審査の結果、一つのカプセルコーヒーメーカーにたどり着いた。

それはネスカフェドルチェグストじゃ。

てなわけで今回はカプセルコーヒーメーカー「ドルチェグスト」の魅力に迫ります。

ドルチェグストの魅力

無料

ドルチェグスト最大の魅力はマシンが無料になるということ。

これはカプセルコーヒーメーカーの中でもドルチェグストだけの特典です。

気になる点は大きく分けて2つ。

  • 無料の条件
  • 無料の理由

桃太郎電鉄で貧乏神のボンビーがこんなことを言っていたのを思い出した。

「世の中タダはないのね〜ん」

本当にその通りだと思う。

と言うわけで例によってドルチェグストの無料にもカラクリがある。

まずは条件から。

カプセルコーヒーメーカー本体を無料にするには定期便に申し込まなければなりません。

定期便を注文すると、数ヶ月スパンでカプセルが自動的に送られてきます。

確かにコーヒー及び、コーヒードリンクを多く飲まない方にとって定期便は煩わしいでしょう。

しかしたくさん飲む方にとっては一石二鳥。

わざわざ自分で買い足さなくて済むわけですから。

そんなわけでコーヒーのヘビーユーザーにとっては定期便はとってもお得で便利です。

もちろんマシンが無料になる定期便は契約期間が決まっています。

それでも、この定期便に入っておけばマシンの保証が5年間になるので途中で壊れても心配いりません。

確実に元が取れるでしょう。

それに、解約したくなったら本来最初に払うべきだったマシン代を解約金として支払えばいいこと。

マシンが無料の定期便に入らない理由がありません。

そしてもう一方の無料の理由ですが既にわかった方も多いと思います。

ドルチェグストの販売戦略が、マシンを無料で配ってカプセルコーヒーで元を取るというもの。

まさにウォーターサーバー戦略と一緒です。

結局、ネスレ社からしたらコーヒーカプセルで元を取れる。

ゆえのマシン代無料です。

うまい販売戦略の上に成り立っているんだな。

フレーバーの種類が多い

またドルチェグストは味がたくさんあります。

最近では本格宇治抹茶ができたとのこと。

もちろん、フレーバーは他にもまだまだ。

私もそうなのですが、コーヒーばっかり飲んでいると飽きてきます。

毎日スタバ行って毎回コーヒーの人は本当にすごい。

そのような人は例外として、毎日コーヒーばっかり飲んでいると飽きちゃうなんて人にドルチェグストはぴったりです。

たくさん味の種類があるのはドルチェグストぐらいなのだから。

以上が、ドルチェグストの魅力です。

  • マシンが無料になる
  • フレーバーがたくさん

この2大魅力にピンとこない人はドルチェグストはやめておきましょう。

私はピンピンきました。

カプセルコーヒーメーカーはやっぱりドルチェグストですね。