ネスレのスペシャル.Tって知ってる?カプセルティーメーカーだよ

カプセルコーヒーならぬ、カプセルティーと呼ばれるものが新しくできました。

これまた同じくネスレ社です。

そこで今回は、カプセルティーメーカーのスペシャル.Tをご紹介します。

ティーは面倒じゃない

ぶっちゃけて言いましょう。

コーヒーを淹れるのは確かに面倒です。

しかし、ティーは実際そこまで面倒じゃないでしょう。

お茶っぱを買ってきて、お湯を入れるだけですから。

便利なティーパックという代物もあります。

ですからわざわざティーをカプセルにする必要はないと思ってしまうのです。

ところがそれでもスペシャル.Tには価値があります。

スペシャル.Tのメリット

お湯がすぐに出てくる

世の中にはお湯でさえも用意するのが面倒な人がいます。

はい、私です。

そのような人にとって水からすぐに暖かいティーができあがるこのカプセルティーマシーンは最適でしょう。

このメリットはカプセルコーヒーメーカーと同様です。

渋くならない

カプセルティーメーカーの良さは全自動ということ。

ティーを美味しく淹れるには様々なコツがいります。

例えば、蒸らし時間。

ティーの種類によっても様々です。

ところがスペシャル.Tなら蒸らし時間も全て自動でやってくれます。

もっというとティーに最適な温度を抽出してくれるのもこのマシンだからこそ。

温度と蒸らし時間を任せられるのでスペシャル.Tは決してティーが渋くなることはありません。

いわば高品質なティーを手軽に味わうことができます。

ティーの種類が様々

ティーってなぜだか、毎回同じ種類を買ってきてしまいます。

これって私だけですかね?

ところがスペシャル.Tのラインナップには、いろんな味を試したくなる魅力が溢れます。

ざっくりいうとこんなラインナップです。

  • 日本茶
  • 中国茶
  • 紅茶
  • フレーバーティー
  • ハーブ&ルイボスティー

ちなみにこれらはカテゴライズされたもので、実際は17種類以上のお茶をお楽しみいただくことができます。

ティーを楽しむってまさにこういうことを言うんでしょう。

マシンがめちゃくちゃ安い

定価は15,000円くらいなのですが、今Amazonで見たら値段が5,000円程度でした。

これって安すぎませんか?

下手したら高価な急須より安いと思います。

もはやこの値段はカプセルコーヒーメーカーより安い。

と言うわけでコーヒーよりティー派という方は無理にコーヒーを選ぶ必要はありません。

ティー派のあなたにはスペシャル.Tをおすすめします。

カプセル式のマシンがこんなに安くなってしまっただなんて信じられません。

カプセルコーヒーメーカーのデメリットとは

便利で美味しく見逃しがちですが、カプセルコーヒーメーカーにはデメリットがあります。

そこで今回は、カプセルコーヒーメーカーのデメリットについてお話ししましょう。

物事には両方の側面がやはりあります。

カプセルコーヒーメーカーのデメリット

ランニングコストを忘れがち

カプセルコーヒーはマシンというより、カプセルで利益を取るビジネスモデルです。

実際、カプセルコーヒーメーカーの中にはマシンを無料で配っているタイプのものもあります。

ですから買った当初はお得に感じます。

無料ではないタイプのマシンを買ったとしても、めちゃくちゃ安いですから。

しかし忘れてはならないのがやはりランニングコストです。

確かに美味しいのですが、インスタントコーヒーに比べると割高になってしまいます。

安さの観点でランキングをつけると以下のとおりとなります。

  1. インスタント
  2. カプセルコーヒー ←ココ
  3. 缶コーヒー
  4. カフェチェーン
  5. 喫茶店

続いて品質に関しても順位づけしてみましょう。

こちらは低い順です。

  1. インスタント
  2. 缶コーヒー
  3. カフェチェーン | カプセルコーヒー
  4. 喫茶店(本格的なところに限る)

インスタントは安いだけ妥当です。

缶コーヒーは品質以外の価値がありますから、コスパの悪さは多少仕方ありません。

そして注目すべきがカフェチェーンもカプセルコーヒーも品質はほとんど変わらないということ。

もっともカフェの価値も品質だけではないので、一概にもカプセルが優れているというわけではありません。

最後に本格的な喫茶店に関しては、カプセルコーヒーでは太刀打ちできません。

カフェチェーンでも本格的な喫茶店に勝てませんから仕方ないといえば仕方ないでしょう。

つまりカプセルコーヒーに関してまとめるとこんな感じです。

「自宅でお手軽価格にてカフェチェーンの品質を実現したい人にぴったり」

そういう意味でも味と値段のコストパフォーマンスは随一と言えるでしょう。

ですから、インスタントコーヒー感覚でカプセルコーヒーを買おうとしている方は多少注意が必要です。

思いの外、ランニングコストがかさみますから。

一方でカフェ感覚でカプセルコーヒーを導入しようと考えている方は、そのコストパフォーマンスに驚くことは間違いありません。

楽すぎて手入れが面倒

カプセルコーヒーはあまりにも楽すぎます。

しかし、楽も続けば怠慢になるとはこのことで、多少のお手入れが面倒になってしまうのです。

これぞカプセルコーヒーメーカーの弊害といっても過言ではないでしょう。

私自身、ちょっと洗うだけでももはや面倒です。

それでも継続して利用できているのは、カプセルコーヒーメーカーがお手軽だからこそ。

それはキッチンの収納スペースに埋もれている数多のコーヒー器具を見れば明らかです。

以上、カプセルコーヒーメーカーのデメリットでした。

インスタントコーヒー感覚で購入しようと考えている方はご注意ください。

インスタントより多少高く、多少手間ですから。

カプセルコーヒーメーカーの魅力とは…?

ネスプレッソしかり、ドルチェグストしかりカプセルメーカーは最高すぎます。

もはやこれらはコーヒー中毒を進める神器といっても過言ではないでしょう。

実際私の友人も、カプセルコーヒーメーカーを通じてコーヒージャンキーへと変貌を遂げました。

一体カプセルコーヒーメーカーのどこにそんな魅力があるのでしょうか。

今回はカプセルコーヒーメーカーの魅力に迫ります。

カプセルコーヒーメーカーの魅力

手軽

誰でも想像つきそうなところからせめて行きましょう。

カプセルコーヒーメーカーはとにかく手軽です。

その手軽さはインスタントコーヒーをはるかに凌ぎます。

インスタントコーヒーを入れるステップは、1.お湯を沸かし、2.粉を軽量して、3.粉をお湯で溶かす

という感じです。

意外とお湯を沸かすのって面倒ですよね。

ウォーターサーバーをお持ちの家庭は、すぐにお湯が用意できますが、持っていない家庭の方が多いでしょう。

私の家にもウォーターサーバーはありません。

一方で、カプセルコーヒーならあら不思議。

1.水をタンクに入れる、2.カプセルをセット、3.ボタンを押す

たったのこれだけです。

このステップを見るだけでもインスタントコーヒーより手軽なのは明らかです。

もちろん洗い物もほとんどありません。

使い終わったカプセルを捨てて、汚れてきたら水洗いするだけ。

これ以上にない手軽さです。

美味しい

しかもカプセルコーヒーはめちゃくちゃ美味しいです。

もはや、ハンドドリップで淹れたコーヒーより美味しいでしょう。

ハンドドリップのコーヒーの方が美味しいなんて人がいますがそう思い込みたいだけです。

そう思わないとわざわざ手間暇かけて作ったコーヒーの存在意義がなくなってしまいますから。

家庭料理よりもセブンイレブンのご飯の方が美味しいのと一緒です。

それでも多くの人は家庭料理を評価するでしょう。

本当の美味しさは手間にあるというわけではないのに。

というわけで、カプセルコーヒーは倫理感をなくせば美味しいことは確かです。

カフェチェーンのコーヒーなんて目じゃありません。

以上がカプセルコーヒーメーカーの魅力です。

美味しくてとても手軽。

たったのこれだけ?と思う人がいるかもしれません。

しかし、コーヒーにおいて、手軽で美味しければ何も文句はないでしょう。

これ以上にない、コーヒーライフをカプセルコーヒーメーカーがもたらしてくれます。

ちなみにカプセルコーヒーメーカーには当然デメリットもございます。

そのデメリットは次回お伝え致しましょう。

カプセルコーヒーメーカー「ネスプレッソ」の魅力

カプセルコーヒーといったらドルチェグストもいいけど、ネスプレッソも捨てがたい。

今回はネスプレッソの魅力について迫りましょう。

ネスプレッソの魅力

エスプレッソの風味が素晴らしい

ネスプレッソで出来上がるエスプレッソはもはや熟練のバリスタが淹れたかのような風味です。

雑な言葉が許されるとしたらめちゃくちゃうまい!!

エスプレッソとビターのチョコレートがこれまた合います。

ビターチョコレートを熱々で濃縮されたエスプレッソで溶かし混ぜ合う。

まるでお口の中でカフェモカが出来上がる感じです。

こんな贅沢ができるのもネスプレッソだからこそ。

他のカプセルコーヒーでは真似できません。

とにかく風味重視ならネスプレッソ一択です。

ジョージクルーニーになれる

What Else?

ではありませんが、優雅にエスプレッソを味わうさまはまさにジョージクルーニー。

とまではいきませんが、ジョージクルーニーになりきれるのは間違いありません。

エスプレッソを飲むのってなんだかかっこいい。

このイメージはジョージクルーニーが作ったといっても過言ではないでしょう。

一番かっこいい飲み物。

ネスプレッソの他に何がある?

ネスプレッソのデメリット

ネスプレッソの魅力はとにかく美味しく、とにかくかっこいい。

あとのメリットは他のカプセルコーヒーと変わらず、手軽でお手入れ簡単といったところでしょう。

そういう意味でも味重視ならネスプレッソ一択です。

しかし、もちろんその代償は存在します。

以下ネスプレッソのデメリットです。

ランニングコストが高い

詳しく計算していませんが、ネスプレッソのランニングコストは高めです。

同じネスレ社のドルチェグストと比べてもその差は歴然でしょう。

これぞ美味しいものの代償です。

その味は安く味わうことはできません。

値段が高いのはネックです。

そこらへんに売ってない

会社の帰りにコンビニでカプセルで買って補充したいという人もいるでしょう。

しかし、残念ながらネスプレッソではそれができません。

ネスプレッソはそこらへんに売っていないからです。

ちなみにドルチェグストをそこらじゅうのコンビニで販売されています。

ではネスプレッソのカプセルはどこで手にいれるのか。

それは、ブティックと呼ばれる専門店か公式通販サイトで購入します。

公式通販サイトで購入している私からしたら、別に不便ではありませんが、それでもコンビニに売っていた方が気軽に買いやすいのは確かです。

それでも仕方ありません。

ネスプレッソはあくまでも高級路線で販売しているのですから。

そこらへんのコンビニに置くことでブランドイメージの低下を懸念しているのでしょう。

というわけで、リッチで贅沢な気分を味わいたい方はぜひ、カプセルコーヒーメーカーとしてネスプレッソを選びましょう。

What else??

カプセルコーヒーメーカーはやっぱりドルチェグスト

カプセルコーヒーメーカーにもいろいろあるじぇ〜

そこでワシは厳選なる審査の結果、一つのカプセルコーヒーメーカーにたどり着いた。

それはネスカフェドルチェグストじゃ。

てなわけで今回はカプセルコーヒーメーカー「ドルチェグスト」の魅力に迫ります。

ドルチェグストの魅力

無料

ドルチェグスト最大の魅力はマシンが無料になるということ。

これはカプセルコーヒーメーカーの中でもドルチェグストだけの特典です。

気になる点は大きく分けて2つ。

  • 無料の条件
  • 無料の理由

桃太郎電鉄で貧乏神のボンビーがこんなことを言っていたのを思い出した。

「世の中タダはないのね〜ん」

本当にその通りだと思う。

と言うわけで例によってドルチェグストの無料にもカラクリがある。

まずは条件から。

カプセルコーヒーメーカー本体を無料にするには定期便に申し込まなければなりません。

定期便を注文すると、数ヶ月スパンでカプセルが自動的に送られてきます。

確かにコーヒー及び、コーヒードリンクを多く飲まない方にとって定期便は煩わしいでしょう。

しかしたくさん飲む方にとっては一石二鳥。

わざわざ自分で買い足さなくて済むわけですから。

そんなわけでコーヒーのヘビーユーザーにとっては定期便はとってもお得で便利です。

もちろんマシンが無料になる定期便は契約期間が決まっています。

それでも、この定期便に入っておけばマシンの保証が5年間になるので途中で壊れても心配いりません。

確実に元が取れるでしょう。

それに、解約したくなったら本来最初に払うべきだったマシン代を解約金として支払えばいいこと。

マシンが無料の定期便に入らない理由がありません。

そしてもう一方の無料の理由ですが既にわかった方も多いと思います。

ドルチェグストの販売戦略が、マシンを無料で配ってカプセルコーヒーで元を取るというもの。

まさにウォーターサーバー戦略と一緒です。

結局、ネスレ社からしたらコーヒーカプセルで元を取れる。

ゆえのマシン代無料です。

うまい販売戦略の上に成り立っているんだな。

フレーバーの種類が多い

またドルチェグストは味がたくさんあります。

最近では本格宇治抹茶ができたとのこと。

もちろん、フレーバーは他にもまだまだ。

私もそうなのですが、コーヒーばっかり飲んでいると飽きてきます。

毎日スタバ行って毎回コーヒーの人は本当にすごい。

そのような人は例外として、毎日コーヒーばっかり飲んでいると飽きちゃうなんて人にドルチェグストはぴったりです。

たくさん味の種類があるのはドルチェグストぐらいなのだから。

以上が、ドルチェグストの魅力です。

  • マシンが無料になる
  • フレーバーがたくさん

この2大魅力にピンとこない人はドルチェグストはやめておきましょう。

私はピンピンきました。

カプセルコーヒーメーカーはやっぱりドルチェグストですね。